表示されている記事

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


フリースペースに設置しているTwitterウィジェットを置き換える

今までフリースペースに設置していたTwitterウィジェットは下記

<script charset="utf-8" src="http://widgets.twimg.com/j/2/widget.js"></script>
<script>
new TWTR.Widget({
  version: 2,
  type: 'profile',
  rpp: 6,
  interval: 30000,
  width: 'auto',
  height: 180,
  theme: {
    shell: {
      background: '#ffffff',
      color: '#333333'
    },
    tweets: {
      background: '#ffffff',
      color: '#333333',
      links: '#3b5a99'
    }
  },
  features: {
    scrollbar: true,
    loop: true,
    live: true,
    behavior: 'default'
  }
}).render().setUser('jugemtemplate').start();
</script>

そろそろ新しいTwitterウィジェットへ置き換えてみます。

ユーザーウィジェットを作成する -Twitter

ユーザーウィジェットを作成する

Twitterにログオンしてこのページで各種設定をして「ウィジェットを作成」をクリック「変更を保存」してコードをコピーしてフリースペースにペースト。

出力されたコード
<a class="twitter-timeline"  href="https://twitter.com/jugemtemplate"  data-widget-id="******************">@jugemtemplate からのツイート</a>
<script>!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+"://platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");</script>

横や縦サイズを調整したい場合は<a>タグにwiddthやheightを設定すれば調整出来るようです。今回は何も指定せずにそのまま設置しました。


スポンサーサイト


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック